ぼこがぼっち鍋を食べる理由(会食恐怖症闘病日記)

会食恐怖症という厄介な病気にかかって早40年。その病気を通したフィルターで世の中を見るとどうなるか?

怪しい団体!(出家4)

どうも、ぼこです。

 

 

怪しいセミナーって、その会場にいる人達は、自分達が怪しいセミナーに出ている、なんて思って無いんですよね(笑)

 

 

御多分に漏れず、ぼこも、そのセミナーに見事にハマってしまい、病気で辛い身体を押して、休みの度に、都内某所にある、その会場に通いつめていたのでした。

 

 

”良い事療法”は、他にも、良い物を食べた方が良い、

 

 

とか、

 

 

真の幸福の話し

 

 

とか、

 

 

とにかく、ぼこが今までに聞いた事がないような話しばかりでした。

 

 

なので、二十歳そこそこの、ぼこがのめり込むには充分な内容だったのです。

 

 

そんなある日、いつものように、セミナー会場で熱心に話しを聞いていると、

 

 

スタッフ『ぼこ君は、毎回通ってきてくれて、熱心だね!』

 

 

ぼこ『それほどでもないです。ただ、どうしても病気を治したくて。』

 

 

スタッフ『そうか!そうしたら、ここよりももっと詳しく話しが聞ける場所があるから、今度来ない?』

 

 

ぼこ『そうなんですか?是非、行ってみたいです!』

 

 

なにか、良くある手のような気もするが、当時のぼこは、治りたい一心で、その

 

『もっと詳しい話しが聞ける場所』

 

とやらに行ってみる事にしたのだ。

 

 

…さて、別の日

 

 

その、『もっと詳しい話しが聞ける』という会場に着いたぼこ。

 

 

 

『ここで良いのかなぁ』

 

 

今までよりも、少し小さめな会場だった。

(来てしまったからには、引き返す訳にはいかないな。)

 

 

勇気を出して、ぼこは、その会場の扉を開けた!

 

 

そこには、”良い事療法”の時に来ていたスタッフと、熱心な人?と思われていた人達、合わせて10人居るか居ないかだろうか?

 

 

前には、メガネの男性スタッフだった人が立っている。

 

 

『よく来たね!ここに座って!』

 

 

メガネの男性スタッフに促されるまま、席に着いたぼこ。

 

 

メガネ『では、さっそく始めます!』

 

 

メガネ『南無阿弥陀仏〜!』

 

 

全員『南無阿弥陀仏〜!』

 

 

ぼこ(わっ!お経唱えてる!)

 

 

そう!

 

 

そこは、何と、ゴリゴリの仏教団体だったのだ!

 

 

だからと言って、今更引き返すという雰囲気では、もはや無い!

 

 

とりあえず、訳も分からず、一緒にお経を唱えるぼこ(笑)

 

 

(これは、ドッキリカメラとかのテレビ番組とかじゃないだろうな?)

 

 

(だったとしても、そっちの方がまだマシだ!!)

 

 

とりあえず、この場は何とかやり過ごして、帰ろう!

 

 

一通り、説法まで聞かされて、そそくさと家に帰った ぼこ。

 

 

ぼこ『スゴイなぁ、あんな仏教の話し、初めて聞いたよ』

 

 

ぼこは、”良い事療法”の話だけを聞いて、何とかこの病気を治そう。

 

 

 

そう考えた、ぼこだったが、この考えが甘かった!

 

 

続く…

怪しい団体!(出家3)

どうも、ぼこです。

 

 

前回に引き続いて、今度は怪しいセミナーに参加する事になった、ぼこさんなのであります。

 

www.bocotan.com

www.bocotan.com

 

セミナー会場に着くと、意外と人が居ました。

 

 

ざっと、20人くらいでしょうか。

 

 

多いんだか、少ないんだか?

 

 

男性、女性に限らず、年齢も学生かな?って思う子や、どう見ても50代以上に見えるおばさんやおじさんまで。

 


(それにしても、ここに来ている様々な人達。
本当に何らかの病気なのだろうか?
とてもそういう風には見えないけど…)

 

 


(ちょっと髪短めのメガネのおばさんが、白板の横に立っているけど、あの人が主催者かな?)

 

 

…時間を少し過ぎた頃に、メガネのおばさんが、セミナー会場に向かって、おもむろに話し始めた。

 

 

『少し時間を過ぎましたが、始めますね』

 

(意外と柔らかい口調だな)

 

 

『今日は、遠い所をお越し頂いて、ありがとうございます』

 

 

と、突然

 

 

自律神経失調症失調症は治す事が出来る!”

 

 

と白板に書いた後。

 

 

自律神経失調症失調症は治す事が出来るのです!』

 

 

と、白板の文字を、反すうするように力強く繰り返しました。

 

 

(本当だろうか?)

 

 

『皆さんは、普段どのような気持ちで過ごされていますか?』

 

 

『もしかしたら、道ですれ違った人や電車の中で会った人、職場の人などに心の中で文句を言ったりしていませんか?』

 

 

(げっ!ぼこの事かも!)

 

 

『そんな行いは、今すぐにやめましょう』

 

 

(でも、その話しと、病気と何の関係があるんだ?)

 

 

自律神経失調症と何の関係があるのか?と疑問に思われた方もいるかも知れません』

 

 

(またしても、げっ!)

 

 

『反対に、人に親切にしたり、人助けをしたりを率先して行いましょう!』

 

 

『これを良い事療法と言います!』

 

 

(なんだ?それは?)

 

 

『皆さんは、こんな話しを聞いた事ありますか?』

 

 

”大象100頭分の業力”

(だいぞうひゃくとうぶんのごうりき)

 

 

 

(??)

 

 

 

『皆さんは、業(ごう)と言う言葉を聞いた事がありますか?』

 

 

 

『人の行いは、良い事をすれば必ず良い事が返ってくる!』

 

 

 

『悪い事をすれば、必ず悪い事が返ってくる!』

 

 

 

『これは、宇宙の真理なのです!』

 

 

 

『その宇宙の真理の力は!』

 

 

メガネのおばさんは、さっき、白板に書いた”大象百当分の…”の所を指差して、

 

 

 

『大きな像、100頭分もの力なのです!』

 

 

『ですから、決して逆らう事ができない真理なのです!』

 

 

(何だか、スゴイ話しだぞ!)

 

 

 

『そして、なぜかこの”良い事療法”を実践していると、次々と自律神経失調症全般が治ってしまう!』

 

 

 

 

『それは、宇宙の真理だからです!』

 

 

(うわー、なんか怪しいセミナーだけど、今まで聞いてきた病気を治す、やり方と全然違うぞ!)

 

 

 

メガネのおばさん『質問がある方はいますか?』

 

 

会場『この”良い事療法”を実践して行けば、どんな症状でも治るのですか?』

 

 

 

メガネのおばさん『心から実践していれば、どんな症状でも治ります!』

 

 

メガネのおばさん『もう質問はありませんか?』

 

 

会場『はい!』

 

 

50代以上だな思うおじさんが手を挙げました。

 

 

おじさん『私は、精神病とか、そんなものには全く興味が無いんだが、この真理を実践して行けば、高次の自分にたどり着く事が出来るのかね?』

 

 

(うわー、メッチャ怪しい!そして、メッチャ気持ち悪いやつが出てきたぞ!)

 

 

メガネのおばさん『もちろん、それも可能です!』

 

 

 

(可能なのかよ!万能すぎるだろ!でも、もっと深くやってみたい!)

 

 

すっかり、『良い事療法』の虜になってしまった、ぼこ。

 

 

大丈夫なのか?!

親との関係 1人(出家2)

どうも、ぼこです。

 

 

ちょっといつもと違って、暗い話しで申し訳ありません。

 

 

なんか、ここ茶化して書くのも違うような気がしてしまって。

 

 


つまんねー!って人は、読み飛ばしてね(笑)

 

 

 

さて、前回に引き続き…

 

 

ぼこは高卒で19才から、すでに働いていたのですが、少ない給料を貯め、20才を過ぎ、21才になったばかりの頃に、すぐに家を出る決心をしたのでした。

 

www.bocotan.com

 

親には何も言わずに、物件探しをし、契約を済ませて、引越しの準備が出来た頃に、

 

 


『ぼこ、◯月✖️日に家出るから。』

 

 


とだけ言い残し、荷物を運び出し家を出たのでした。

 

 

 

って、カッコいい事言ってますが、同じ市内に引っ越しただけと言う、中途半端な引っ越しだったのですが(笑)

 

 

 

 とにかく、親元から一刻も早く離れたい!

というだけだったのかも知れませんね(汗)

 

 

 

以前のブログにも書きましたが、当時、埼玉に住んでいたのにも関わらず、新宿の会社に就職しただけでも、普通の人と違うので、大変な事は分かっていたはずなのに!

 

www.bocotan.com

 

引っ越すのだから、当然の事ながら、都内に引っ越せば良いものを、なんでわざわざ、同じ埼玉の同じ市内にしたのか!

 

 


今考えても、謎!!

 

 

 

一通り、引越しを終えて、新居にて…

 

 

 

『ああ、今日からやっと1人ダァ!』

 

 

 

『誰にも気兼ねする事も無く、自由に暮らす事が出来るぞ〜!』

 

 

 

と、思ったその瞬間!!

 

 

あの、症状が現れたのです!

 

www.bocotan.com

 

今思うと、あんなに嫌っていて、毎日のようにケンカをしていた親…

 

 


自分の事を、最後まで認めてくれなかった親…

 

 

 

そんな親でも、この、ぼこの足りない心の支えになっていたのかも知れません。

 

 


親と離れた事によって、欠けてしまった心は、

 

 

 

『自分が自分と認識出来ない!』

 

 

 

までの症状として、現れたのかも知れません。

 

 

以前からある、

 

『会食恐怖症』

 

の症状と

 

『電車で気分が悪くなる』

 

症状に加え、新たに、

 

離人感』

 

の症状までも抱えてしまった、ぼこ。

 

 

 

(このままでは、ぼこ自身がどうにかなってしまう!)

 

 

自死

 

 

と言う言葉は、今まで何度も頭をよぎった事がありました。

 

が、

 

 

ここまで、リアルに感じた事はありませんでした。

 

 

死と生の感情を行ったり来たりしながら、何日も悩んだ末、何とか死から頭を振り払い、危機感を感じた、ぼこは、当時まだインターネットがない中、必死で治るすべを探し始めました。

 

 

 

…そして、ある一枚のチラシを手に入れたのです。

 

 

 

自律神経失調症は、治す事が出来る!』

 

 

…そのチラシには、そのような事が、デカデカと書かれていました!

 

 

冷静に考えれば、怪しさ満載(笑)

の、そのチラシは、当時の、ぼこにとっては、天国への

切符のように輝いて見えたのでした!

 

 

 

早速、そのチラシに書いてある電話番号へ電話をし、指定された場所と日時に、セミナーとやらが開催されている場所へと向かった、ぼこさんなのでありました。

 

 

 

さて、吉と出るか?

 

凶と出るか!

親との関係(出家1)

どうも、ぼこです。

 

 

あなたは、ご自分の親御さんとは仲は良い方ですか?

 

 

『すごく仲良くやっているよ!』

 

 

『友達みたいな親子だよ!』

 

 

昔は、喧嘩も反抗もしたけれど、今は仲良くしてるよ!』

 

 

とか、色んな方々がいらっしゃると思います。

 

 

中には、実家に帰ると

 

 

『色々とうるさいけれど、たった1人の親だし、大事にしないとね。』

 

 

なんて言う方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

ぼこの場合は、とある事情により、本当に必要な時以外は、連絡を控えるようにしています。

 

 

『えー!ダメだよ、そんなの!』

 

 

『親孝行はしておいた方が良いよ!』

 

 

『親孝行は生きている内に大事にしないと!』

 

 

なんて言うお叱りの声が聞こえてきそうですが(汗)

 

 

言い訳に聞こえるかもしれませんが、ぼこが親となるべく接しない理由を、少しだけ聞いてみて下さい。

 

 

それで、そんな酷い親なら、

 

 

とか、

 

 

それでも親孝行はしないと!

 

 

 

とか、色んなご意見がある事とは思いますが、ぼこの場合は、こうなんです、というだけの話しなので…

 

 

 

…ぼこの親は、かなり古いタイプの親で、戦後すぐ生まれという事もあるかもしれませんが、基本的には、ぼこの病気に関しては認めてくれません。

 

 

 

いや、認めることが出来ない!

 

 

 

と言った方が近いのかも知れません。

 

 

ぼこの親世代の時代は、戦後と言うこともあって、まだ精神疾患などというものは、

 

 

『ノイローゼ』

 

 

『狂人』

 

 

なんて言葉に集約されてしまっていて、簡単に言うと、狂ってしまった人か、頭がおかしくなってしまった人
という解釈です。

 

 

 

以前のブログにも書きましたが、当然、ぼこが

 

www.bocotan.com

 

『気分が悪くて、給食が食べられないんだ』

 

 

 

なんて事を言ったり、

 

 


『気分が悪くて電車に乗る事が出来ない』

 

 

 

なんて言ったりしても

 

 

 

『そんなのは、気のせいだ!』

 

 

『勘違いじゃないか?』

 

 

『ただ、乗り物に酔っただけだ!』

 

 

 

と言って、全く取り合ってもらうことが出来ませんでした。

 

 

何とか、親にこの病気を認めてもらおう。

 

 

そして親にも、少しは原因があるんだよ。

 

 

と言う事を知ってもらおうとして、何度か話し合いもしました。

 

 

 

そのたびに喧嘩になってしまうので、ぼこから交換日記の提案をして、やり取りをしたりもしました。

 

 

 

交換日記は、文字の為か、冷静に見る事が出来、親の普段考えていることが分かったりして、それなりに良かったのですが、日記を何度かやり取りして、最終的に書いてあった事は…

 

 

『あなたの言っている事は分からない。』

 

 

 

と言う言葉でした。

 

 

その言葉を見た瞬間!

 

 

 

 

ぼこの中で何かが切れたような感覚が!!

 

 

 

 

ぼこは高卒で、19才から、すでに働いていたのですが。

 

  

少ない給料を貯め、20才を過ぎ21才になったばかりの頃に、すぐに家を出る決心をしました。

 

続く…

あくびが出たよ!

どうも、ぼこです。

 

 

ぼこは、以前から、給食を食べる前から気分が悪く、吐き気が止まらなくて、給食も食べられない、と言う話はしてきましたが。

 

www.bocotan.com

www.bocotan.com

 

ちょっとだけ。

 


ほんの、ちょっとだけ。

 

 

もう、本当に1ミリくらいだけ、調子が良い時もあったりします。

 

 

そんな時、どうなるかというと…

 

 

吐き気はしなかったのですが、代わりに、給食の準備から、食べる前までに

 

 

『あくび』

 

 

が連発して、止まらなくなるという現象がありまして(苦笑)

 

 

よく、車に乗ってて、酔いかけた時に、『あくび』が出る人っていません?

 

 

俗に言う『生あくび』といった類のやつだと思うのですが。

 

 

 

眠くもないのに『あくび』が連発して出るなんて、なんとも不思議な現象でした。

 

 

 

吐き気と気分の悪さがなく、ただただ、『あくび』が連発する。

 

 

そんな、ぼこを見て、クラスメートからは、

 

 

『そんなに眠いの?』

 

 

とか

 

 

『昨日、夜遅かったの?』

 

とか

 

聞かれたりしました(笑)

 

 

そりゃ、普通の人からすると、『あくび』を連発してたら、そう思いますよね?

 

 

だけど、自分でも何でなんだか分からないのです(汗)

 

 

心の中では、

 

 

(誰か、この、あくびちゃん連発現象について、教えてくれー!!)

 

 

と思ってるのですが、

 


誰も答えてくれる訳もなく…

 

 

仕方がないので、眠いの?って聞かれたら

 

 

 

『違うよ』(ボソッ)

 

 

 

としか返答出来ずに、クラスメートからは、ただの”素っ気ない返事を繰り返す人”

 

 

というキャラクターに成り下がるばかりでした(悲)

 

 

 

(こんな、訳がわからない現象は、何とかしないと、素っ気ないキャラが定着するばかりだ!)

 

 

 

とも思うのですが、吐き気同様に、どうしても止める事が出来ません。

 

 

 

そして、ただただ、『あくび』を繰り返すばかり…

 

 

 

『あくび』って、人がしてる所を見ると、なぜだか分からないけど、うつりません?

 

 

 

そんなこんなで、給食の時になると『あくび』ばかり繰り返している、ぼこを見て、

 


しまいには、クラスの何人かにも、『あくび』がうつってしまうという!!(爆)

 

 

ちょっとした、『あくびテロ』をクラスに巻き起こしてしまった、ぼこ。

 

 

しかも、給食前に起こる症状が

 

吐き気

 

から

 

『あくび』

 

 

に変わっただけで、給食自体が食べられるようになったかと言うと、それはまた、別の話で(泣)

 

 

結局、クラスに『あくびテロ』を起こしただけで、給食も食べられないし、全く何の解決にもなっていないという、誰も得しない最悪の『あくびテロ』現象(笑)

 

 

謎が謎を呼び、結局何だったのか分からない…

 

 

しかも、これが、ぼこの中では、調子が良い方だという、何とも意味がなく、救いようが無い現象のお話しでした(笑)

 

 

 

こんな症状に、共感してくれる人って、果たして地球上にいるのだろうか?

スイミングスクール

どうも、ぼこです。

 

 

ぼこは、小さい頃から身体が弱くて、しょっちゅう風邪を引いていました。

 

www.bocotan.com

 

親にも

 

 

『お前は身体が弱い』

 

 

と言われ続けていたし、ぼこも、

 

 

最近まで自分の身体は弱いと信じ込んでいました。

 

 

ところがこれは、大人になってから知ったのですが、ぼこの身体は元々弱いわけではない!らしいのです!!

 

 

では、ぼこが身体が弱くなったと考えられる原因は?

 

 

と言うと、2つ考えられます。

 

 

子供の頃の ぼこは、

 

 

 

『会食恐怖症』

 

 

 

と言う病気お陰で、ほとんどご飯を食べる事が出来ませんでした。

 


ご飯を食べる事が出来ない イコール それだけでも免疫力は低下します。

 

 

 

それがまず原因の1つ。

 

 

 

もう1つは、この病気の人は、人のせいにする事が多い為、人生が思い通りに上手く行かず、いつもイライラしていて、心の余裕が無い人が多い。

 

 

なぜ、自分だけ、こんな目に合うのか?

 

 

なぜ、他の人と比べて、自分は何も出来ないのか?

 

 

 

そんな事ばかり考えている為、当然ストレスが溜まります。

 

 

ストレスは免疫力低下の原因の1つです。

 

 

 

主に、この2つの原因によって、結果、

 

 

 

『身体が弱い』

 

 

 

と言うレッテルを貼られてしまっている。

 

 

当然、ぼこにも、このレッテルを貼られていた為、なぜか

 

 

『体力をつけるには水泳だろう!』

 

 

と言う親の極端な思い込みにより、無理やりスイミングスクールに通わされていました(笑)

 

 

この頃は、本当にキツかったですよ!

 

 

水泳は、つまらないし、本当に行きたくなかったから、どうやってサボろうか?

 

 

ばかり考えてましたね。

 

 

 

水泳やってる人の身体って、全体的にガッチリしていて大きいですよね?

 

 

当然親も、ガッチリ体型で、風邪もひかない子供になって欲しかったのだと思います。

 

 

ところが、ぼこは、水泳を小学校6年間やったのにも関わらず、ガリッガリ‼️

 

 

そりゃそうです。

 

 

運動はしていたけど、その分摂るべき栄養が、さっぱり取れていなかったのですから(笑)

 

 

ほとんど食べないで、運動をする!

 

 

ダイエット一直線(笑)

 

 

 

親は、太らせる為にと、無理やり食べさせようとします。

 

 

意に反して、ぼこは、ますます食べる事に苦痛を感じるようになり。

 

 

当然ながら、さらに痩せて行きます。

 

 

 

こうして、親の思惑とは裏腹に、どんどん痩せていく、ぼこ。

 

 

 

何がしたかったのでしょうか?(笑)

 

 

 

しかも、そんな状態なので、当然身体は強くはならずに、相変わらず、風邪ばかり引いていました。

 

 

 

やりたく無いのに、自動でダイエット地獄!!(泣)

 

 

何の為にスイミングスクールに通っていたのかも、もはや分からない状態です(残念)

 

 

 

この

 

『やりたく無いのに無理やり親にやらされていて、エライ目にあった事』

 


は、他にもあるので、いっそのことシリーズ化しようかな(笑)

チャリって、最高!!

どうも、ぼこです。

 

 

訳あって、出来れば電車に乗りたくない、ぼこです。

 

 

…ぼこです。

 

 

訳あって、車にも乗りたくない、ぼこです。

 

 

…ぼこです。

 

 

当然、バスもタクシーも乗りたくない、ぼこです。

 

 

って、何か、これ書いてて、

 

 

 

ヒロシです。』

 

 

 

みたいになってきましたが(誰か覚えている人いる?)

 

 

そんな訳で、電車で通っていた高校に、あえて自転車で通学する事に決めました!

 

 

理由は、ズバリ!

 

 

 

『電車に乗るのが辛いから(泣)』

 

 


今みたいに、ロードバイクとか、自転車が趣味です!

 

なんてリッチでオシャレな人は、まだほとんど居ない時代…

 

 

ぼこは、ロードバイクなんて高い物も、

 

 

当時流行ってた、”マウンテンバイク”なんて高級なものも、

 

 

当然買えず…

 

 

 

ママチャリ。(チリンチリーン♪)

 

 

 

ああ、自転車はこれに限るよ。(無理してる)

 

 

カゴは大きいし。(無理してる)

 

 

ギヤも三段(しかない)

 

 

 

あぁ、自転車に乗ると、やっぱり、風が気持ちいいなぁ…

 

 

 

なんて悠長なことは、言ってられない!

 

 

 

ぼこの家から学校までは、車通りが多い道路の側道を通らなければならなかったりして、そこにはしばらく日陰も無いので、夏はメッチャ暑い!

 

 

 

かと思うと、ぼこが当時住んでいた埼玉は、急に畑や雑木林とかもあったから、その周りの道も、冬はメッチャ寒い!

 

 

 

夏は、汗を滴り流しながら、

 

 

 

冬は、鼻水を滴り流しながら(キタネー!)

 

 

 

でも頑張って通学する!

 

 

『何故なら、電車に乗りたくないから!』

 

 

 

あの電車に乗ってる時の気分の悪さに比べたら、鼻水くらいは、どうって事ないさ!(周りは迷惑だけどね)

 

 

 

今まで、電車で通学していた距離を、自転車通学するって、健康にも良いし、体力が付くと思いません?

 

 

普通なら、そうだと思います。

 

 

ですが、ぼこの場合…

 

 

ほとんど、ご飯食べないで運動しているのと同じなので、

 

 

 

『苦行でしかない!』

 

 

 

それと、もう1つ弊害があって、

 

 

電車通学している時に、いつも顔を見かける
(でも、声は掛けられない)恥

 

 

『マドンナ的な可愛い子』

 

 

その子に会えなくなる!
(でも、声は掛けられない)恥

 

 

 

その子を振ってまでも、(付き合ってもいない)笑

 

 

 

苦行に耐えてまでも!

 

 

 

ひたすら、自転車で、雨の日も、風の日も、雪の日も、

 

 

 

一生懸命に通学する、ぼこ。

 

 

なんて、健気さ!

 

 

なんて、意思の強さ!

 

 

そして、なんという、たくましさ!

 

 

すべては、そう!

 

 

 

『電車に乗りたくないから(爆)』