ぼこがぼっち鍋を食べる理由(会食恐怖症闘病日記)

会食恐怖症という厄介な病気にかかって早40年。その病気を通したフィルターで世の中を見るとどうなるか?

そんな奴いるの?いるんです!

どうも、ぼこです。

 

ぼこ は、物心がついた時から『会食恐怖症』という症状に悩まされていて、このブログはそれを通した ぼこ目線の話しをしていこうかなって思うのですが、そもそも『会食恐怖症』って何?
って、皆さん思われますよね?

        

簡単に説明すると、対人恐怖症の一種で、自分以外の人がいる前では食事が食べられない。


という、何ともわがままな?(笑)
いや、ぼこ にとっては厄介な病気なんです。

 

本当にそんな病気あるの?

 

って思われる方もいっらっしゃるかと思うのですが、キャラ作ってるとかじゃないんです!
本当なんです!


現に、ぼこ はこの症状に40年近く悩まされてきました。

40年ながっ!


実は、この病気が原因で、友達もほとんど出来なかったりします。

 

何でかって?


例えばです!

 

         友達と会う

                ↓

『メシ食いにいこうぜ!』

                ↓

           行けない

                ↓

     付き合いわりーなぁ

                ↓

          THE END!!

 

あるいは、


          友達出来る

                 ↓

    もっと仲良くなりたい

                 ↓

         長く話したい

                 ↓

    昼か夜飯の時間を挟む

                 ↓

            行けない

                 ↓

     あまり仲良くなれない

                 ↓

            THE END!!

 

あくまで、人間性の問題では無いと思いたいですが…

 

何とか根性で頑張って行くだけ行けば良いじゃん!
って思いますよね?


ところがですねぇ、この症状がまた厄介でして…

 

食べても食べなくても、吐き気がするんですねー。

 

普通に考えて嫌じゃないですか?


一緒に飯食いに来た奴が、ずっと吐きそうにしてるのって!


それだけでも嫌だと思うのに、少しでも食べたり、酷い時には飲み物を飲んだだけでも、

 

吐きます!

 

えーそうです、えー、そうです!
実際に吐いたことも何度もありますよ!


こんな奴、一緒に飯食いに行くの面倒くさいでしょ?
って言うか、俺は行きたくありません。
(まぁ、これ全部 ぼこ本人の事なんだけどね(^^;)

 

そこへきて、『極度の寂しがり屋』ときてるもんだから、自分の中で、バランス取るのが大変です!

 

こんな面倒くさい奴の、この病気を通して見た普段の暮らしで思った事とか、出来事なんかをこれからブログに書いていこうかなって思います。