ぼこがぼっち鍋を食べる理由(会食恐怖症闘病日記)

会食恐怖症という厄介な病気にかかって早40年。その病気を通したフィルターで世の中を見るとどうなるか?

ぼこの夢

どうも、ぼこです。

 

 

突然ですが、あなたは、小さい頃に、夢って持っていましたか?

 

 

小さい頃って、

 

 

例えば、幼稚園とか小学校の頃は、先生から

 

 

 

『将来なりたいものは何ですか?』

 

 

 

とかって、聞かれた事ありませんでしたか?

 

 

ああ言う質問に、あなたは、どのように答えていましたか?

 

 

先生『将来なりたいものは何ですか?』

 

 

教室からは、真っ先に

 

 

『お医者さん!』

 

『お花屋さん!』

 

『消防士!』

 

『お菓子屋さん!』

 

『サッカー選手!』

 

『野球選手!』

 

 

って、みんな、我先に答えていたのを今でも思い出します。

 

 

あなたは、小さい頃の夢って、何だったですか?

 

 

色々あったと思います。

 

 

もしかしたら、子供の頃の夢を叶えちゃった!

 

 

なんていう、素晴らしい大人の方も、居るかも知れませんね。

 

 

えっ!

 

 

ぼこの、小さい頃の夢は何だったのかって?

 

 

小さい頃?

 

夢?

 

 

 

それって、美味しいの?食べられるの?(爆)

 

 

 

そう!

 

 

ぼこの将来の夢!

 

 

どころか、

 

 

明日、

 

 

いやいや、

 

 

今日の給食の時間どうしよう!!

 

 

って、毎日考えていた奴に、将来何になりたいか?

 

 

なんて質問されたら、

 

 

 

『そんな余裕は無い!』

 

 

 

ですよ!

 

 

 

でも、まあ、そんな状態で無くても、もともと何も思い浮かばなかったですけどね(笑)

 

 

単純に、(みんなスゴイなぁ、ぼこは何にも思い浮かばないやorz)

 

 

って思ってましたね。

 

 

と言うか、先生に聞かれて、真っ先に『なりたいもの』を答えているクラスメートが、逆に不思議に見えたくらいでした。

 

 

 

そのくらい、当時の ぼこにとっては、『無い感覚』だったのかも知れません。

 

 

 

でも、ああ言った質問って、残酷なもので、たまに

 

 

”大きくなったらなりたい職業”

 

 

を紙に書かされる事があるんですよね。

 

 

 

しかも、全員書き終わったら、教室に貼り出すという暴挙!

 

 


これは、困ったぞ!

 

 

いっそ、将来の夢を、選択式のマークシートにでもしてくれないだろうか?(笑)

 

 

 

と思うくらい、ぼこにとっては困った事態。

 

 

まあ、間違っても、将来の夢なんて、マークシート式になる訳もなく。

 

 

 

ぼこは全く何も浮かばないまま、記入用紙を前にして、考え込んでしまうのでした…

 

(考える方向性がみんなと違うけどね)汗

 

 

 

そうして、かなり考えて、考えて、考えた末に…

 

 

 

思いついた答えは!

 

 

『横の人のをカンニングする!!』

 

 

テストではカンニングしないのに、こんな時にカンニングとは!!

 

 

何という暴挙(笑)

 

 

しょうがない。

 

 

考えても、分からないものは分からないから。

 

 

(と自分に言い訳しつつ)笑

 

 

ちなみに、横の人は、”消防士!”

 

 

と書いてあったので、

 

 

ぼこも当然、将来の夢は

 

 

”消防士!”

 

 

になりましたとさ(笑)