ぼこがぼっち鍋を食べる理由(会食恐怖症闘病日記)

会食恐怖症という厄介な病気にかかって早40年。その病気を通したフィルターで世の中を見るとどうなるか?

イミフ!?1

どうも、ぼこです。

 

 

ぼこは、この病気のせいか、

 

 

いや、人と関わる事を極端に避けてきたせいか、

 

 

人と話していても、話している内容や意味が全く理解出来ない事が多かったんだよね。

 

 

 

まず、学校に行くと、当然授業を受けるよね?

 

 

で、先生が色々授業の内容を説明してくれているのだけど、

 

 

その説明してくれている内容が、何故だかさっぱり分からない(笑)

 

 

 

決して授業をサボってるとか、寝てるとか、ノートを取ってないとか

 

 

そういった不真面目とか、サボっててとかでは無いんですよ!

 

 

むしろ、人一倍、一生懸命授業を聞いてるし、ノートとかも、ちゃんと取っている!

 

 

だけれども、先生の言っている事の内容が分からない。

 

 

 

内容というか、話している意味が分からないって言った方が近いかな?

 

 

 

当然、テストとかをやると、とんでもない点数だったりする(笑)

 

 

 

なんだこれ?って思いますよね?

 

 

 

なのに、大人からすると、一見大人しく、あまり喋らないし、授業も真面目に聞いているから、良く近所の奥様連中からは、

 

 

 

『ぼこちゃんは、お勉強出来そうなのにねぇ…』

 

 

 

って、しょっちゅう言われていたよなぁ。

 

 

『お勉強出来そう』

 

 

で止めてくれれば良いのに(笑)

 

 

 

なんだろう?

 

 

先生の話しが、日本語のはずなのに、違う言語の言葉を聞いているような?

 

 

(なに言っちゃっているんだか、自分でもどう表現して良いのか難しいけれど)

 

 

 

年がら年中、慢性鼻炎で鼻が詰まっていて、酸欠状態だ

ったというのも影響しているのかなぁ?

 

 

(かなりの数の脳細胞が、弱冠小学生にして死んでしまっていたのかも)笑

 

 

 

クラスの人達と話している時も、たまに言ってる事の真意が分からなくて、イライラしたり、

 

(その説はご迷惑を、お掛け致しました)汗

 

 

 

全部は言わないけれど、何となく分かるでしょ?

 

 

とか、

 

 

空気読んでね!

 

 

とか、

 

 

 

大体言っている事、分かるじゃん!

 

 

 

とかっていう事、時々あるじゃないですか?

 

 

 

今だったら、

 

 

『空気読め!』

 

 

が、当たり前だったりする世の中ですけど。

 

 

 

ああいう事って、

 

 

 

当時の、ぼこに取っては、

 

 

 

超ーーーー!!苦手!!

 

 

 

みんなが一斉に笑いだしているのに、自分だけ皆んなが笑っている意味が分からなくて、ポカーンとしてしまうとかは、しょっちゅう。

 

 

 

だから、集団の中に居ても、自分の場所とか、立ち位置って言うのかなぁ。

 

 

 

そう言うのが分からなくて、どこにいて良いのかが分からず、いつも『ぽつーん』と集団の中にいるのに孤立してしまって、大勢でいる事も苦手だったなぁ。

 

 

 

 

それでも、大人になってからは、無理やり人と関わらなければならない場面が増えてきたせいか、徐々に周りの人が言ってる事も分かるようになってきたんだけどね。
(最近だけどね)