ぼこがぼっち鍋を食べる理由(会食恐怖症闘病日記)

会食恐怖症という厄介な病気にかかって早40年。その病気を通したフィルターで世の中を見るとどうなるか?

あなたと合体したい!2

どうも、ぼこです。

 

 

前回からの続きのお話し…

 

 

 

どうしても、誰かと繋がりたい、ぼこさん。

 

 

 

早速、『文通専門誌』を購入したのでした!

 

 

家に帰えるまで待ちきれず、帰りの電車の中で、恐る恐る中を開けてみる、ぼこ。(そこまでして!)

 

 

雑誌の中は、カテゴリー別になっていて、趣味別とか、お友達募集!とか、男女別とかに見やすく分けられていました。

 

 

(スゴい!分かりやすく分類がされている!)

 

 

 

(これなら、自分に合った友達が探せるぞ!)

 

 

 

若干、興奮気味の、ぼこ(笑)

 

 

 

そういった意味では、今のSNSのアナログ版。

 

 

 

紙ベースのSNSでしたね。

 

 

 

余談ですが、スティーブ・ジョブズが、有名なスタンフォード大学での演説の時に、最後にスチュアート・ブランドの『ホールアースカタログ』の話しをしました。

 

 

その中で、

 

 

 

『これは、紙媒体のGoogleだ!』と言ってましたが、文通専門誌もある意味、そういうようなイメージなのかも。

 

 

 

余談は、さておき、早速雑誌を購入して、友達募集の欄で、自分に合いそうな人を夢中で探している、ぼこ。

 

 

 

そう言えば先程、紙ベースのSNSと言う話しをしましたが、1つだけ、今の時代と違っている部分がありました。

 

 

 

あなたは、何だか分かります?

 

 

 

これが、また今の時代ではあり得ないほど信じられないし、笑っちゃうのですが。

 

 

 

なんと!

 

 


『個人の名前の他に、住所や電話番号まで晒してある!!』

 

 

 

スゴくないですか?

 

 

 

プライベートも何もあったもんじゃない!!!

 

 

今こんな事したら、ジャンジャン電話がかかってきて、家はネットに晒されるは、顔写真は晒されちゃうはで、大変な事になっちゃいますよね。

 

 

 

よく、2ちゃんねるとかで、やられたりしていますが、今の時代では罰ゲームでも、この時代では、人が繋がる唯一の手段だという!

 

 

 

時代が変わるって、スゴい事なんですね!!

 

 

 

今日は、話しがよく脇道にそれるなぁ。

 

 

 

えっと、何だっけ?

 

 

あっ!

 

そうそう!

 

雑誌の中から、必死に友達を探している、ぼこ でしたね。

 

 

その中から、この人だ!

 

 

と言う人を何人かピックアップ!

 

 

1人脳内選考に入りました!

 

 

『エントリーナンバー1番 〇〇さん!』

 

 

『エントリーナンバー2番 ××さん!』

 

『エントリーナンバー3番 △△さん!』

 

 

おや?

 

 

 

友達を探しているはずなのに、エントリーされるのは、何故か女子ばかりだぞ?

 

 

 

と、ちゃっかり、友達探しのついでに、彼女も探そうとしている、ぼこ(照れ)

 

 

 

果たして、色んな意味で、ぼこのお目がねに叶う人はいるのでしょうか?(笑)

 

 

続く!!