ぼこがぼっち鍋を食べる理由(会食恐怖症闘病日記)

会食恐怖症という厄介な病気にかかって早40年。その病気を通したフィルターで世の中を見るとどうなるか?

マインドフルネスと会食恐怖症5

どうも、相変わらずの瞑想ぼこです!

 

 

さて、あらゆる物から距離を取るお話しをしましたが、こんな例えはどうでしょう?

 

 

あなたは

 


無知の知って知ってますか?

 

 

 

ソクラテスと言うギリシアの哲学者の言葉ですが。

 

 

 

『自分は知らない。知識は万能では無い』

 

 

と言う事を自分自身が知らないと、そこで思考停止してしまって、それ以上の成長は望めない。

 

 

しかし、

 

 

『自分には知らない事が、まだまだある』

 

 

 

と言う自覚があると、謙虚になり、一生成長出来る!

 

 

 

つまり、知らないと言う事を自覚している時点で、客観視出来ていて、知らない事の外に出る事が出来る❗️

 

 

 

と言う事です。

 

 

 

難しいかな?

 

 

 

 

まあ、要は、何でも客観視出来るようになれる!

 

 

 

と言うのが、瞑想のもっとも優れた効果だと思います。

 

(まとめが、雑だって?)汗

 

 

 

何物にも客観的に見る事が出来て、ある一定の距離が取れる。

 

 

 

そうすると、感情や思考、思い込みに飲み込まれずに、落ち着いてそれらに対処出来る!

 

 

と言うわけ!

 

 

もう1つ。

 

 

 

『今ここに居る自分を自覚出来る!』

 

 

今現在、この場に居る自分とは、今この瞬間だけの自分。

 

 

 

その存在は、否定しても事実として、この場に存在して居る。

 

 

これから先は、分からない。

 

 

 

以前の自分も変えられない。

 

 

 

ただ、今この瞬間存在して居る自分だけを考えられる。

 

 

 

そうすると、どうなるかと言うと。

 

 

 

自分の中に一本の柱が出来るんです。

 

 

 

そうすると、多少の事ではブレない自分。

 

 

 

他人に影響されない自分が出来ます。

 

 

 

この『客観視』『ブレない自分』

 

 

それが、『マインドフルな状態』と言い。

 

 

この状態が多ければ多いほど、心は安定して落ち着いて、物事の本質を見極めて対処出来るのです!

 

 

 

それが、『マインドフルネスの本当の効果』だと、ぼこは思います。

 

 

 

と言っても、ぼこも修行中の身なので、まだまだそこまでは到達してないけどね(汗)

 

 

さて、本題❗️

 

 

 

『会食恐怖症』は何故なるのか?

 

 

『対人恐怖症』とは何なのか?

 

 

ですが、

 

 

自分以外の他人を必要以上に気にしてしまい恐れている状態が症状の原因だったりします。

 

 

さらに、自分に極端に自信が無かったり、他人軸で生きすぎてしまったりすると、このような症状になりやすくなると、ぼこは考えています。

 

 

 

※自分軸と他人軸については、また別途書いていきます。

 

 

 

そこで、『マインドフルネス』の登場‼️(ジャジャーン♪)

 

 

先ほど言った、『客観視』『ブレない自分』

 

 

 

というものは、『対人恐怖症』になりやすい!状態

 

 

 

と、180°真逆である事は分かりますか?

 

 

 

そうすると、この状態に少しでも近づく事が出来て、マインドフルな状態を保つ事が出来るようになると、

 

 

 

 

『対人恐怖症』や『会食恐怖症』の症状が改善する!

 

 

 

ような気がしませんか?

 

 

 

だって、症状の起こる原因と全く真逆の状態を作り出すのですから!

 

 

 

ですが、何度も言いますが、ぼこも修行中の身なので、まだまだそこまでは到達してないけど(汗)

 

 

 

だけど、最近ようやく見えてきました。

 

 

 

後は、地道に実践して心に落とし込むだけです!

 

 

 

これも、人体実験中!(笑)

 

 

 

また、変化があったら続きを話しますね!