ぼこがぼっち鍋を食べる理由(会食恐怖症闘病日記)

会食恐怖症という厄介な病気にかかって早40年。その病気を通したフィルターで世の中を見るとどうなるか?

田中さん2

どうも、ぼこです。

 

www.bocotan.com

 

田中さんの不思議な行動と、体調の変化に戸惑いながらも、何かを感じた、ぼこ。

 

 

泣きながら、電車に乗りる田中さん。

 

 

ちょうどその時、発車のベルが!!
(ジリリリリリリ!!)

 

 

駅員『発車しまーす!』

 

 

 

ぼこは、その時何かを悟った。

 

 

実は、ぼこは自分が精神的な病気に罹っている事で、毎日のように図書館に通って、精神的な病気や病名を調べているうちに、結果として、自分の病気以外の精神疾患も学ぶ事になっていたのだ。

 

 

 

これは、この症状は間違いない❗️

 

 

 

『パニック症候群だ‼️』

 

 

(田中さんに教えてあげなきゃ❗️)

 

 

(でも、もう間に合わない!)

 

 

 

もう、電車の扉が閉まろうとした、

 

 

 

その時、ぼこは!

 

 

持っていたカバンから、いつも飲んでいる精神薬を取り出した!!

 

 

 

そして、その精神薬を泣いている田中さんに見えるように振りながら!

 

 

 

『ぼこも、ぼこも同じだから!同じ病気だから!』

 

 

泣き顔から、突然の予想外の ぼこの行動に驚いた顔をする田中さん。

 

 

 

それを見届けるかのように、電車の扉が2人を分けた!!

 

 

 

驚いた顔のままの田中さんを乗せた電車は、スーと滑るように、そのまま静かに走り去った。

 

 

 

手に精神薬を握りしめた、半泣きの ぼこを置いて。

 

 

 

『あれで良かったのかな?』

 

 

『分からない。分からないや…』

 

 

 

うなだれたまま、力なく帰りの電車に乗って帰る、ぼこ。

 

 

 

正解なんて分からない。

 

 

 

分からないけど、帰るしかない。

 

 

 

その日は、そのまま家に帰った。

 

 

 

それから何日か明けた休みの日。

 

 

 

田中さんから、電話が掛かってきた。

 

 

 

田中『この前はゴメンね』

 

 

ぼこ『ううん。田中さんが謝る事じゃ無いよ』

 

 

田中『それでね。どうしても聞きたくて電話したの』

 

 

ぼこ『うん。』

 

 

田中『この前の駅のホーム帰り際のあれ。』

 

 

ぼこ『うん。』

 

 

田中『あれって、一体どういう意味なの?』

 

 

ぼこ『…』

 

 

田中『私と関係があるの?』

 

 

ぼこ『実は…』

 

 

 

ぼこは、今までの自分の『会食恐怖症』という病気について、少しずつ、幼い頃からの話しを話し始めた。

 

 

 

田中『そうだったんだ。全然分からなかった。』

 

 

 

ぼこ『それでね。』

 

 

 

田中『うん。』

 

 

 

ぼこ『同じ精神的な病気だから、2人で何とか治していかない?』

 

 

 

田中『えっ?』

 

 

 

ぼこ『1人だと、出来る事も限られていると思うから、2人で協力して治す努力をしていこうよ!』

 

 

 

田中『ありがとう(泣)』

 

 

 

こうして、散々な映画鑑賞になってしまったけれど、結果として、一緒に頑張っていける地球上で唯一のパートナーが出来た、ぼこ。

 

 

時には情報交換をしながら。

 

 

時には、お互いの近況報告をしながら。

 

 

 

今後、助け合って生きていく事になる、戦友を奇跡的な出会いで、お互いに得た2人であった。

 

 

 

まるで、映画みたいでしょ?

 

 

作り話し?

 

 

いいえ。

 

 

多少、話しが読みやすいように脚色と、名前は仮名にしてありますが、ほとんど事実なんです。

 

 

 

その後、ぼこと田中さんは

 

 

どうなったかって?

 

 

 

運命的な出会いから、結婚❗️

 

 

 

と、これが映画ならなると思うのですが、残念ながら、あまりに共に病気と闘って行く『戦友感』が大きくて、結婚どころか、付き合うまでも行かなかったなぁ。

 

 

 

ちなみに、田中さんとは、今でも親交があって、たまに連絡を取る間柄なのです。