ぼこがぼっち鍋を食べる理由(会食恐怖症闘病日記)

会食恐怖症という厄介な病気にかかって早40年。その病気を通したフィルターで世の中を見るとどうなるか?

物持ちイイネ!

どうも、ぼこです!

 

 

あなたは、買ったばかりの物、大切に使う方?

 

 

それとも、雑に扱ってしまう方?

 

 

親から

 

 

『あなたは、すぐに物を壊す!』

 

 

『物は大事に使いなさい!』

 

 

 

なんて言われた経験は、ありませんか?

 

 

ドキッ!としている方!

 

 

何人か居たんじゃないですか?(笑)

 


ぼこの場合は?

 

 

と言うと、それとは全く逆で。

 

 

『綺麗に使うねぇ』

 

 

とか

 

 

『大事にしてるねぇ』

 

 

 

なんて、周りの大人達からは、よく言われていましたね(照れ)

 

 

これが、ただ大事に使う!

 

 

とかいうレベルでは無いくらいなんですよ!

 

 

例えば、小学校の頃には、あなたは

 

 

『ランドセル』

 

 

背負ってましたか?

 

 

大概の人は背負っていたと思います。

 

 

あれって、小学校の6年間もの間、ほぼ毎日のように背負って、学校に通学しますよね?

 

 

毎日のように背負っているので、多少なりとも劣化して、ボロくなっていきますよね?

 

 

ましてや、男子小学生ともなれば、学校帰りに外で遊んで帰ったりして。

 

 

 

『おーい!河原に遊びに行こうぜ!』

(どんだけの田舎なんだ??)

 

 

とか言って、そのまま遊びに行っちゃったり。

 

 

当然、そうなるとランドセルは、河原に放り投げられて!

 

 

そんな事を毎日していると、ランドセルなんて、6年間経つ頃には、もうボロボロ。
(ちょっと、小学生の設定が昭和過ぎましたかね?)汗

 

 

 

まあ、極端な例なので、そこまででは無いとしても、大体の人は、6年間も使えば

 

 

 

『使ったなぁ〜』

 

 

って分かるくらいには劣化してましたよね?

 

 

ところが、ぼこの場合は?と言うと。

 

 

1年経っても、3年経っても綺麗なまま(ピカピカ!)

 

 

6年経って小学校の卒業間近となった頃に、あまりに綺麗なので、ぼこの親が

 

 

『これは、勿体無い!』

 

 

と思い、来年度入学する親友達に、

 

 

『お古で申し訳ないけど、ランドセル使わない?』

 

 

と言って周ったくらいです(笑)

 

 

その甲斐あってか、

 

 

『うちの子は乱暴ですぐに汚すから、お古のランドセルでいいわ』

 

 

と言ってくれる親友達が見つかりました。

 

 

買った時の箱も取ってあったので(うちの親もよく取ってあったなぁ)

 

 

それに入れて、

 

『お古ですみません。』

 

 

なんて、うちの親が恐縮しながら、そのまま渡しました。

 

 

それから、1時間くらいした頃、家の電話が。

 

 

『ジリリリリ』(まだこの頃、黒電話ですよ!)

 

 

ランドセルをあげた親友達からでした。

 

 

『あなた!新品のランドセルと間違えてない?!』

 

 

『弟さんのと間違えたんじゃ無いの?』

 

 

うちには、弟なんて居ないので、当然間違えた訳ではありません。

 

 

どうやら、ランドセルを貰った親友達が、家に帰ってから、箱を開けると、あまりに綺麗すぎるランドセルが入っているのを見て、ビックリして電話を掛けてきたようなのです!(笑)

 

 

特別にオイル塗ったりとか、磨いたりなどの手入れをしていたわけでは無いですよ。

 

 

むしろ本人は、そこまで大事に使っている、気をつけて細心の注意を払っている!

 

 

とかいう意識は、全く無いんですけどね(??)