ぼこがぼっち鍋を食べる理由(会食恐怖症闘病日記)

会食恐怖症という厄介な病気にかかって早40年。その病気を通したフィルターで世の中を見るとどうなるか?

お仕事、お仕事!1

どうも、ぼこです。

 

 

いつも、学校ネタが多いので、ぼこは職場ではどうなのか?
という事を話していきたいと思います。

 

 

ぼこが入った会社は、まずどうやって決めたのか?

 

 

から、話していきますね!

 

 

 

学生時代に、会社を決めるのに、例によって、ぼこはどこの会社にも行きたくなかったんですよ。

 

 

なぜって、夢がないから(笑)

 

www.bocotan.com

 

スゴいポジティブな人が

 

 

『会社の歯車になるなんて、夢がないから嫌だな』

 

 

って言うじゃないですか。

 

 

ああ言った、前向きな『夢が無い』

 

 

では無いんですよ。

 

 

そもそも、どこどこの会社に入りたい!

 

 

って言う願望が全く無くて…

 

 

それどころか、そもそも

 

 

『働きたく無い‼️』(爆)

 

 

みんな、大体がそうかもしれませんが、ぼこの場合は、さらに後ろ向きで。

 

 

こう言う病気の人って(そういう括りが合ってるどうか?ですが)汗

 

 

全く知らない、新しい環境というのが苦手じゃないですか?

 

 

だから、学校は集団生活と、みんなで食べる昼食が苦手だったので、楽しくはなかったのですが。

 

 

かと言って、全く知らない新しい環境に行く事も、不安すぎて!!

 

 

 

その不安感に飛び込むくらいだったら、まだ知ってる楽しくはない学校生活の方がまだマシだ!

 

 

という事で、結果として、どこの会社にも行きたくない!

 

 

になる訳なんです。

 

 

だけれども、どこかしらの会社は受けなければならない訳で。

 

 

仕方なく、ぼこが今の成績で行ける、一番大きな会社を受ける事にしました。

 

 

先生からも

 

 

『今の、ぼこ君なら、まず間違いなく採用されるだろうね』

 

 

というお墨付き。

 

 

緊張しながらも、どこか楽観視して、その会社の採用試験に臨みました。

 

 

ぼこの他にも何人か、その会社を受けたのですが…

 

 

ぼこ以外、全員合格(爆)

 

 

よく、ショックを受けた時に、『ガーン❗️』

 

 

っていう表現しますよね?

 

 

この時ばかりは、相当ショックだったのか、頭の中で、本当に『ガーン❗️』

 

 

って、まるで頭を殴られたような感覚になり、一瞬、気絶しそうになったくらいでした。

 

 

人間って、本当にこんな反応するんですね(笑)

 

 

先生のお墨付きは、果たして何だったのか??

 

 

それでも、食べて行くためには、どこかの会社に入らなければならない。

 

 

そこで、二次募集で残っていた、全く人気のない会社が数件あったのですが。

 

 

 

その中でパラパラめくって適当に決めたのが、初めて入社した会社!!(笑)

 

 

 

もう、夢も希望もあったもんじゃない!!

 

 

 

なんせ、適当に決めた会社に入社しちゃったんですからね。

 

 

 

この会社がまた面白い会社でした。

 

 

 

おっと、続きはまた明日!!!