ぼこがぼっち鍋を食べる理由(会食恐怖症闘病日記)

会食恐怖症という厄介な病気にかかって早40年。その病気を通したフィルターで世の中を見るとどうなるか?

会食恐怖症のメリットとは?

どうも、ぼこです!

 

 

 

ぼこが長年患っている

 

 

 

『会食恐怖症』

 

 

 

という、この病気は、人が生活して行く上で切っても切れない、

 

 

 

『人と食事をする事』

 

 

 

が一切出来ない事で、毎日のように苦労する事が多く、

 

 

 

特に集団生活をしなければいけない学校や会社では、かなりの悩み事として、トップに君臨するほどだと思います。

f:id:mshrk37:20170921225129j:plain

 

ご多聞に漏れず、ぼこもまた、この病気であるが故の悩み事は、わんさか、それこそ売るほどあったのですが…

 

 

 

先日とある方にお会いして、ぼこの病気の話しをした事がキッカケで、

 

 

 

目からウロコが落ちるような体験をしました。

 

 

 

その方と、ぼこの病気についての話題を話していた時なのですが、

 

 

 

その話しの最中に、急にその方が、

 

 

 

『ぼこさん、会食恐怖症でいる事で、もしかしてメリットって感じていませんか?』

 

 

 

『‼️‼️‼️‼️』

 

 

 

『メリット⁉️』

 

 

 

デメリットなら、このブログでも書いているように、40年間の長きに渡り、散々苦労してきたので、有り余るほど思いつきますし、

 

 

現に今まで苦労した事だらけだったのですが、

 

 

『メリット?』

 

 

『えっ!メリット???』

 

 

メリットなんて、考えた事もありませんでした。

 

 

この病気でいる上でのメリットって・・・・。

 

 

一体何だろう?

 

 

ぼこは、困って悩んでしまいました。

 

 

しばらく悩み考えていましたが、ふとある考えが浮かんできました。

 

 

 

ぼこは、この

 

 

『会食恐怖症』を治す

 

 

という事が、ぼこが小さい頃からの夢であり、

 

 

いつしかそれがライフワークになっていたのでした。

 

 

この病気であるが故に、治そうとする力が原動力となって、あらゆる知識を身に付けてきたし、あらゆる事も試し、挑戦し、健康面でも栄養面でも、身体の健康に関する事なら何でも学んできたのでした。

 

 

もしかしたら、病気である事のメリットって、その治そうとする原動力なんじゃ?

 

 

この病気であった為に治そうとして、あらゆる所に学びに行ったり、試したり、体験したりもした。

 

 

その方は、こうも言っていた。

 

 

 

『ぼこさん、もう治ってますよ!』

 

 

 

もしかして、ぼこは、この病気にメリットを感じたが故に、病気であろうとしていた?

 

 

って事??

 

 

衝撃でした!!

 

 

確かに初めは病気だった。

 

 

しかし、途中から心の奥底で、病気のメリットに気が付いてしまった自分が、もし居たとしたら?

 

 

そして、そのまま病気のふりをしていたとしたら?

 

 

人の思い込みは計り知れません。

 

 

思い込みで、ガンも治るほどです。

 

 

本当に、その方が言うように、思い込みで病気のふりをしていたのか?

 

 

それは、まだ分かりません。

 

 

ただ、一つ言える事。

 

 

それは…

 

 

その日以来、薬は飲んでいないと言う事実。

 

 

意識して飲むのを止めよう!

 

 

と思ったわけではなく、自然に気が付くと飲んでいなかったのです。

 

 

本当に治ったのか?

 

 

分かりませんが、これも人体実験です。

 

 

しばらくこの状態を続けてみようと思います。

 

 

結果は後日報告します!

 

 

続く。