ぼこがぼっち鍋を食べる理由(会食恐怖症闘病日記)

会食恐怖症という厄介な病気にかかって早40年。その病気を通したフィルターで世の中を見るとどうなるか?

攻守交代②

どうも、ぼこです!

f:id:mshrk37:20171008230609j:plain

さて、前回、ぼこの中の攻守が交代した話しをしました。

www.bocotan.com

何か変化が?


だからと言って、何が変わったのか?



違う何かに生まれ変わったのか?



と言われると、特に前とは何も変わっていないのですが。(汗)

変化した部分


でも、何と無くですが、楽になったような気はします。



それに、大丈夫な事が心なしか増えたような…



これも、しかも根拠は無いのです。



根拠はないけれども、何となくですが、大丈夫のような気がします(笑)

肝心な会食恐怖症は?

しかし、そうなったからといって、ぼこの『会食恐怖症』が完全に治ったのか?



と言われると、それはまた別の話しで。

完全では無い


どうも、この攻守交代。



あくまで、ぼこの感覚なのですが、まだ完全体では無い!



ような気がします。



何だか、ドラゴンボールのセルのようなセリフですが(笑)



何かや誰かを吸収する訳ではありません!(笑)



とにかく、感覚ですが完全では無いような気がするんです。


それはなぜか?

根拠とは?


まず、

『心からのやりたい事が浮かんでこない!』

本当に純粋な本来の自分!



になったのなら、やりたい事が心の奥底から出て来るはず!



なのですが、特に今の所、全く何も浮かんでこないのです。



あとは、


『湧き上がるような力も無い!』

本当に『潜在意識』が100%の力で味方をしてくれているのなら。



以前に『顕在意識』と『潜在意識』の比率の話しをしましたが、5%対95%なはずなので、圧倒的な力を感じても良いはずです。


顕在意識と潜在意識の比率については、こちら↓
www.bocotan.com


そういった感じも今の所しないのです。


感情の出方もイマイチ

感情を感じたり、表現する事も本来の自分であるならば、豊かになるはずです。



しかし、それすらもありません。


まとめ


以上の根拠から、ぼこは、これは完全体ではないんだな。


という結論に達しました。



まだまだ、何かの過程。



途中のような、準備段階のようです。



この『何かの過程』が



『会食恐怖症が治る過程』である事を、今は願うばかりです。



しかし、確実に後退。



ではなく、僅かですが、一歩ずつ前進しているような気は何となく。



あくまで感覚的な何となくですが、しているような気がするのです。



そこら辺は、救いなのかもしれません(笑)



まあ、最終的にどんな道を辿っていっても、ぼこの願いにたどり着けば良いわけです!



ぼこの願いは、常に非常にシンプルで、



『会食恐怖症が治りたい!』


『いつでも、どこでも誰とでも楽しく食事をしたい!』



ただ、それだけ。



ただ、それだけなのです。