ぼこがぼっち鍋を食べる理由(会食恐怖症闘病日記)

会食恐怖症という厄介な病気にかかって早40年。その病気を通したフィルターで世の中を見るとどうなるか?

会食恐怖とコミュ障⁉️②

コミュ障は治るのか?


どうも、引き続き 会食恐怖&コミュ障だった ぼこです!



前回からの続きです。

f:id:mshrk37:20171011222313j:plain

昔は酷かった❗️


昔、相当なコミュ障で、友達の家に電話すると言うだけで軽くパニックになり、台本がないと電話も出来なかったくらい酷かった、ぼこ(笑)

www.bocotan.com


しかし、いつの間にか初対面の人とも会話が出来るように⁉️



これには何らかの原因があるのでは?



犯人を探す探偵の気分で、原因を探ってみます!



コミュ障のコミュニケーション


ぼこは、再三このブログで言ってますし、ブログのタイトルにもなっていますので、今更感ではありますが、



改めて言うと『会食恐怖症』と言う病に罹っています!



『会食恐怖症』は厄介な病なので、今日明日ですぐに治るという訳にはいきません。



ぼこも、40年以上の長い間苦労しました。



その苦労は、自分で図書館に行って資料を調べたりもそうなのですが、



治せるかも❗️



と言う人の所に実際に行って話しを聞いたり、



同じ『対人恐怖症』の人達と情報交換をして情報を集めたりもしました。



特に、今のようにインターネットもスマホも携帯電話すらほとんど普及していない時代。



情報を集めるのも、今のように手軽にインターネットで検索出来ることも無く、大変な労力と時間が必要となりました。



一期一会


そんな時代ですと、自分のニーズに合った人に実際に会って話が聞ける事は大変貴重です。



自然に他人との会話を真剣に聞かざるを得ません。



上手く自分の状態を伝えたり…



逆に治るヒントを1つでも多く上手く聞き出したりしないと、ぼこにとっては『死活問題』になってしまいます!




人に会う事が『真剣勝負』だったぼこにとっては、人とちゃんと会話をする事。



上手く話せる事



生きる為の手段になっていたのかも知れません。



まとめ

コミュ障を治すには❓


ここにあげた事だけが、全ての原因では無く、ぼこの今まで生きて来た過程。



例えば仕事柄、管理人さんの話しを聞く事が多かったり。



下請け業者を上手く誘導や指導をしたりする事も、いくつかある内の原因の1つだったと思います。



ですが、少なくても『会食恐怖症』を治そうとした過程の副産物?



『コミュ障が治るベースとなった』事は間違い無さそうな気がします。



他人と上手く話すには、失敗しても良いから、何度も話して練習する事。



上手く出来なかったら、何で何だろう?と検証する事で次回に生かす事。



が、大事なのでは無いかな?って、ぼこが経験して思った事です。



それでは、また。